「光回線」って何?ネットワーク・LAN工事の基本シリーズ!!

ネットワークに関わっていると、なにかとよく耳にするのが「光回線」。
これは一体何を意味しているのか?と不思議に思っている人もいるかも知れません。

なんとなくインターネットのことだろうとわかっている人もいるかと思いますが、今回はこの光回線について解説していきたいと思います。

LANと光の違いはもちろん、なぜこんなに「光回線」という言葉をよく聞くのか、その特徴は?などに触れていきます。
ぜひご一読ください。

 

光回線って何?LAN工事には必ず必要なネットワークツール!

まず「光回線」とは何なのでしょうか?

「回線」と聞くとケーブルのようですが、LANケーブルとは別のもの?と、人によっては困惑してしまうかもしれませんね。

結論から言うと、光回線はLANケーブルとは別のものとなります。
ただし、光回線はLAN工事をするにあたって必要なネットワークツールです。
光もLANも、どちらもしっかり理解しておく必要があります。

以下に、光回線とは何かなど、少し掘り下げてご紹介します。
LANと光回線の役割の違いを知ることで、より効率的なネットワーク構築ができるようになるでしょう。

 

光回線は現代で最も主流なインターネット回線

光回線とは、インターネット接続のための回線のことです。

厳密には、光回線もLANケーブルと同様に、通信を伝搬するためのケーブルです。
実際にLAN工事の場面で、ケーブルとして光回線を使用するケースもあります。

しかし今はインターネット接続サービスは光回線を使うものが主流ということもあり、「光回線=インターネット接続回線」という認識が広まっているのです。

そのため「光回線」という言葉は、インターネット回線を指していると考えて良いでしょう。

  • LAN…会社内のパソコン同士のネットワーク
  • 光回線…インターネット接続のためのネットワーク

と理解してもわかりやすいかもしれませんね。

LANは社内、光回線はインターネット

LANとインターネット

 

LAN工事をする前に必ず光回線開通の手配をしておこう

例えば新しく事務所を作るため、LAN工事の手配を計画しているという場合は、事前に必ず光回線開通の手配もしておくようにしましょう。

社内をLANでつなぐなら、メールのやりとりや情報収集を行うため、インターネット接続も必要なはずです。
LAN工事が完了してもインターネットに繋がらないのであれば、せっかくのLANも価値が半減してしまいますからね。

LANと光回線を組み合わせることによって、事務所内で一つの光回線を共有してインターネット接続ができるようになります。
このメリットを最大限に享受するために、LAN工事に合わせて光回線を開通させるのは必須なのです。

 

光回線を利用するメリットとは?

ところで、なぜ「インターネット接続=光回線」なのでしょうか?

NTTをはじめとする各通信会社が揃って光回線インターネット接続サービスを提供しているため、今さらなぜ光回線なのかなどと考えることはあまりないかもしれません。

ここで改めて、光回線のメリット等を説明したいと思います。

 

大容量の通信が可能なので業務の効率化が可能に!

光回線の最大の特長は、一度に大容量の通信ができることです。
時間あたりに通信できる量が多いということ、それは利用者の視点で言えば「高速」ということになります。

光回線なら高速通信が可能

ハイスピード

社内でもインターネットを使用した業務は多いと思いますが、それらの業務のスピードが向上しますので、業務効率も上がることでしょう。

ある程度多くのパソコンがLANにつながっていても、光回線であれば十分耐えられると思います。
逆に1台や2台のパソコンで光回線の速度を使い切るほうが難しいものですので、社内LANを活用して一本の光回線を共有するほうが効率的と言えるでしょう。

 

利用料は定額なので安心して使い放題!

光回線のインターネット接続サービスのほとんどは、利用料が月額固定です。
どれだけ使っても毎月の支払いは定額となります。

また社内LAN経由で共有すればパソコンが増えても光回線の月額料金は増えません
こういった点からも、光回線はぜひとも社内LANを使って共有したほうが良いと言えますね。

固定料金になると「まったく使わないと損」という見方にもなりがちですが、使用量や頻度に波があっても費用が一定なのは、予算的にもわかりやすいですね。

 

おすすめの光回線業者は?(回線速度や利用料金の一例などの情報をお願いします)

そんな光回線ですが、サービス提供している会社は複数あります。
それぞれ速度や料金に違いがありますので、以下に一例をご紹介します。

 

NTT東・西日本

誰もが知っている通信会社であるNTT東・西日本です。
光回線サービスの知名度も高く「フレッツ光」と言えば名前を聞いたことがない人はほとんどいないでしょう。
2000年頃からサービスを提供しており、歴史は非常に古いです。

フレッツ光は歴史ある光回線サービス

【引用元】NTT西日本公式ホームページ(https://flets-w.com/price/)

速度や料金の一例を下記に示します。

  • 名称:フレッツ光ネクスト
  • 速度:1Gbps
  • 月額料金
戸建てプラン 5,400円/月
マンションプラン 3,050円/月

料金は後発の他社サービスに比べて割高感はあるものの、速度や安定性などは一定の評価を得ており、さすが通信業界を牽引してきただけのことはあるといった感じですね。

 

NURO光

ソニー系のネットワーク会社が取り扱う光回線サービスが、NURO光です。

大手企業系列でありながら、ユニークなサービスや時代の一歩先を行く先進的なサービス展開を行うのが特徴。
2013年からサービスを開始した比較的新しい光回線です。

NURO光は高速艇料金

【引用元】NURO光公式ホームページ(https://www.nuro.jp/hikari/)

  • 名称:NURO光
  • 速度:2Gbps
  • 月額料金
戸建てプラン 4,743円/月
マンションプラン 1,900円/月~

驚くべきはその速度。

NTT含め光回線の主流は1Gbpsで、それでも速度的には十分なのですが、NURO光はその倍、2Gbpsの速度でサービス展開を行っています。
それなのに料金はかなり抑えてあり、特にマンションプランに至っては最低で2,000円を下回る金額となっています。

高速かつ低料金ということで、人気が急上昇している光回線です。

 

まとめ

今回の記事を通じ、

  • LAN工事と光回線は目的も用途も違う別物であるということ
  • ただし相性はとても良いということ

がわかったと思います。

LAN工事をするなら、光回線も同時に手配し、なるべく開通日程を合わせるようにすると良いですね。

ちなみにOFFICE CLOSERなら、LAN工事と光回線をまとめて手配することができます。
各工事の日程調整や必要準備の案内など、煩わしい作業はすべて承りますので、ご安心くださいね。