LAN工事の前に光回線手配!光コラボレーションよりもNTT東日本・西日本が選ばれる理由とは?

インターネットを契約する際には、NTT東日本・西日本が最も選ばれます。「大手だからこそ高いのではないか?」「他にも安いプロバイダがあるけど…」と悩んでいる人も多いはず。

今回は、インターネットのLAN工事で失敗しない方法をご紹介します。

 

どうしてLAN工事の見積もりより先に手配が必要なの?

インターネットを接続するためには光回線の工事が必要です。工事には大きく分けて3つの工程があります。

  • 電線から光回線を自宅に引っ張って、光コンセントを作る工事
  • 光コンセントにHUBを取り付ける工事
  • HUBからデバイスに接続する工事

光コンセントを作る工事は、立ち合いのもと業者に依頼するしかありません。HUBやデバイスの接続は、家電量販店で購入して自分で接続することも可能です。

LAN工事の見積もりよりも先に、光回線の契約をする必要があります。NTT東日本・西日本で契約をしてから、実際の工事が始まります。工事の見積もりをとっても、回線の契約が済んでいない場合は工事は出来ません。

 

NTTは決まりごとが多く申し込みに時間がかかる

NTT東日本や西日本に電話をしてすぐに契約することが出来ますが、次の日にネット回線が通るということはほとんどありません。NTTは決まりごとが多いので、今住んでいる場所やインターネットを繋げたい部屋に光コンセントがあるのか、光コンセントを設置出来る場所なのか、事前に調べなければいけません。契約しても繋がりませんでした、を防ぐために、NTTと契約する際には申し込みに時間がかかります。申し込みから契約まで3日~1週間ほどかかることもあります。

契約が無事に済んだら、光工事の見積もりを取ります。NTTが工事会社を提案してくれますが、即決せずに外部業者を利用することも検討しましょう。NTTの紹介する業者で光工事する場合、予約が出来るのが契約日から1週間後からになるため、インターネットをすぐに使いたい人は困ってしまうことが多いのです。また、NTTの依頼する業者は光コンセントの作成までしか行ってくれません。実際に、HUBやデバイスとの接続は自分で行うことになってしまうので、外部業者を検討するのもよいでしょう。

 

場合によっては工事前に下見に来ることも

光回線の工事を依頼すると、見積もり前に下見に来る業者もあります。NTTでは、光コンセントの工事が出来る建物と、そうでない建物の登録があります。光コンセントの工事が出来る建物は、以前に光コンセントの工事をしたことがある建物であることが多く、その場合はスムーズに工事を行うことが出来ます。

登録がない場合は、下見に来る場合が多いです。光コンセントは、電線から光回線を引っ張る工事をするので、電線と建物がある程度近い状態でないと工事は出来ません。住所だけでは建物の状態がわからないので、事前に下見に来てから、見積もりを出すことがあるようです。

見積もりが出てから工事の予約をすると、下見に来てからの予約になってしまいます。さらに、引っ越しや工事の多い時期ですと、予約がいっぱいになっているので、1週間後~2週間後での工事になってしまうことが多いです。

 

光回線が工事当日に開通しなかった最悪なケースとは?

壁に穴開けが必要なケース

光回線工事では、光コンセントの作成するのですが、マンションやアパートの場合は電線から配線を取り込む場所が用意されているので、スムーズに工事を行うことが出来ます。しかし、電線の位置が悪く、マンションやアパートタイプでも壁に穴を開けないと光コンセントを作れないというケースがあります。その場合は、当日に光回線が開通しません。

理由としては、マンションやアパートの場合は、壁に穴を開けていいか管理会社・大家さんに許可を取らなければいけません。その場で管理会社に電話をしても、大家さんと連絡が取れなかった場合、当日の工事は出来ません。連絡を待って、再度工事の日程を決める必要があります。穴開けの許可が下りなかった場合は、工事を行うことは出来ません。

NTT東日本・西日本の契約は、マンションタイプとファミリータイプに分かれています。マンションタイプはアパートやマンションといった集合住宅向けのプランで、ファミリータイプは戸建てタイプのプランになっています。穴開けが必要な場合は、アパートやマンションであってもファミリータイプのプランに変更になることがあるので、注意が必要です。

 

戸建てで回線工事が出来ないケース

一戸建ての場合は、電線から配線を持ってきて光コンセントを作る必要があります。自分の家なので、穴開け工事の許可をどこかに取る必要がないので、当日工事が出来ることが多いです。ただし、伝線との距離が悪く、配線が使えないと当日に開通しないことがあるので、戸建ての場合は事前下見をしてもらうことも大切です。

当日に開通しない場合、問題を解説した後に、再度工事日を予約しなければいけないので開通までさらに時間がかかってしまいます。

 

光回線開通が通常より早く進むケース

光回線開通工事が通常より早く進むケースもあるので、ご紹介します。

ひかり電話の契約がない

NTTの展開するフレッツ光と一緒に、ひかり電話の契約をすすめられます。フレッツ光を利用するなら、ひかり電話にしたほうが料金も安価で使いやすいのですが、ひかり電話を一緒に契約すると、光開通工事と電話線の工事の2種類の工事が必要になります。

ひかり電話の契約をしないケースの方が、最大で2週間ほど工事を早めることが出来ます。固定電話を使っていない人は無理に契約せずに、まずはフレッツ光だけを契約するようにしましょう。

 

マンションタイプで宅内に光のコンセントが既にある

最短で光工事が終わるのが、すでに「光コンセントが自宅にある」状態のことです。前の住人が光コンセントの工事をしてくれていたり、マンションやアパートが事前に光コンセントの工事を済ませてくれていたりするケースです。その場合はNTTに記録が残っているので、住所を伝えるとそのまま利用することが出来ることなどを教えてもらうことが出来ます。

また、光コンセントかどうか不明な場合は、工事日に確認してもらうことが出来ます。工事に来た人が確認して、光コンセントであることがわかれば、そのまま工事せずに終了になります。HUBやデバイスへの接続は個人でも行えるので、最短でインターネットに繋ぐことが出来ます。

 

工事にキャンセルが出て日程が前倒しに

光工事のほとんどが、契約日の1週間後からの予約になります。そのため、3月や4月などの引っ越しシーズンなどは契約者が増えてしまい、工事までの日程が開いてしまうケースがあります。しかし、工事にキャンセルが出て、前倒しに出来ますよ、という電話がかかってくると前倒しで工事が行えます。その分早く工事が終了するので、早くインターネットが開通します。

 

NTT東日本・西日本をおすすめする3つの理由

光回線を利用する場合は、「ソフトバンク光」「au光」など、様々なプロバイダが存在します。その中でも、人気No.1なのがNTT東日本・NTT西日本です。NTTという大手だからこそ出来る低価格や、ネームバリューもいいですし、工事や契約もスムーズです。しかし、値段だけで比較するとソフトバンク光の方が安いと思う人も多いはずです。ここでは、NTTがおすすめの理由をご紹介します。

 

明確な料金設定

まず初めに、料金設定がとても分かりやすいという点があります。

 

出典:フレッツ光 https://flets-w.com/price/next/
マンションタイプとファミリータイプ(戸建て)の料金や、初期費用がわかりやすく書かれているので、見積もりを取らなくてっもおおよその契約費・工事費を把握することが出来ます。また、NTTが提携している工事会社をすすめてくれるので、悪徳業者を利用する機会も減るというメリットもあります。

ソフトバンク光の料金を見てみましょう。

 

出典:ソフトバンク https://www.softbank.jp/ybb/special/sbhikari-01/

これでは、いったいいくらかかるのかパッと判断しにくいですよね。スマホと一緒になっている料金プランがメインなので、実際にいくらかかっているかも見えにくくなっています。

ソフトバンク光やau光といった光コラボレーションの場合、NTTから外部業者に依頼している形なので、商品と抱き合わせでNTTの回線を販売していることが多いので、料金プランや実際にいくらかかるのかなどが見えにくいのです。

使ってみたら意外と高かった、というのが多いのも、光コラボレーションです。

 

国内シェアNo.1という安心感

国内で光回線を使っている人は60%いて、その大多数がNTTの光回線を利用しています。国内シェアNo.1というのは、サービスや品質が一定以上でないと達成できないものです。国内シェアNo.1という安心感は、利用する時の大きな強みになります。

 

光コラボレーションも結局はNTTの回線

ソフトバンク光やau光などは、元をただせばNTTの光回線を利用しています。スマホを抱き合わせすることで安く見せているだけで、実際のところはフレッツ光を直接契約したほうが安価になります。
また、ソフトバンク光などの光コラボレーションで契約すると、契約する際に一度NTTからの許可を取る、NTTで調査をしてもらう、という手間が発生して時間がかかってしまうことがあります。光回線で問題が起きたときも、NTTに問い合わせをしてくれますが、光コラボレーションが間に入ることで、手間が増えますし、サポートもNTTのほうがよいので、NTTを選んだ方が良いといえるでしょう。

また、光コラボレーションでは、開通工事費はかかるけれど、キャッシュバックがあるので実質無料という話をされます。実際のところ、光コラボレーションで契約をしてもNTTに問い合わせをして、NTTとの契約が終わってから工事の予約になるので、約2週間後からしか開通工事の予約が取れないことが多いです。光コラボレーションは一見安いように見えますが、手間やサービスが悪かったりするので、NTTで直接工事をした方が、スムーズに開通工事やネット開通に繋がります。

 

まとめ

光回線を契約して、実際に工事をするまでの流れをご紹介しました。

LAN工事は立ち合いが必要な面倒な工事です。

ですが、それよりも先に光回線を手配しておかないと、光回線が繋がっているか確認することが出来ません。

また、光コンセントを作れる建物と、そうでない建物があるので、事前の調査を受けることでスムーズな工事を利用することが出来ます。

NTT東日本・西日本は国内シェアNo.1なので、安心感がありますよね。ぜひ、光回線を契約する時の参考にしてみてください。